ブログ

WAGDOLLの話
2020.09.05

芸術的ラブドール

WAGDOLL大阪ショールームスタッフのJです。
このご時勢、休日は家に篭り、ネットを見たり、映画を観たりして過ごされてる方も多いと思います。
今はPCゲームで街作りシュミレーションが出来たり、映画も全編CGで素晴らしい映像体験ができたりする時代で、それはそれで大変魅力があるのですが、40代半ばの僕は特撮、SFXの時代でした。
大人になって一人暮らししたら、部屋いっぱいにNゲージを走らせて、本物そっくりの街をジオラマで作りたい。
映画もCGではなく、特撮で育った最後の世代、今でもやはり実物の模型に大変魅力を感じてしまうのです。

そんな世代の僕がWAGDOLL大阪ショールームで出会い感動したのが、《人造人》のラブドールでした。
まさに人間ともいえるその秘密はハリウッドメイクが可能にした極細部にも渡るこだわりの肌模様。
顔などはもちろん、乳輪や秘部まで究極に人間に近い仕上がりで、近くで見ると肌に浮き出た血管まで再現されており、今にも喋りだしそうなほどリアルを追求した作りに興奮してしまいました。
ドールボディにはメタル骨格があり、指の関節まで動く仕様になっており、まさにハリウッド技術のリアルラブドールとなっております。

こればかりはとても文章や写真ではお伝えしきれません。是非、ショールームで実物をご鑑賞頂きたいです。
購入はすべてご自宅からサイトでのご注文となりますので、ショールームで金銭のやりとりは一切ございません。
お気軽にお待ちしております。

記事一覧に戻る