ブログ

ドール
2020.11.09

心が宿ったラブドールのお話。

WAGDOLL大阪ショールームスタッフのJです。
ラブドールを題材にした映画は多数ありますが、中でも有名なのは2009年公開の日本映画【空気人形】ではないでしょうか?
『自虐の詩』の業田良家の短編コミックを是枝裕和監督が映画化した、せつないラブ・ストーリー。
ある日、心が宿った空気人形の【のぞみ】が持ち主の元を離れ別の男性と恋に落ち…というお話。
いやー切ないですね。やはり改めてラブドールはドールのまま独占欲を満たしてくれるところが最大の魅力であると確信しました。
黙って家で帰りを待っていてくれる存在がいる生活ほど癒されるものはありません。

現実の恋はいつか終わりを告げますが、ラブドールとの生活はまさに永遠の愛と言えるでしょう。
永遠の胸に抱かれ、安らかに眠る生活、始めてみませんか?

記事一覧に戻る